カテゴリ:カンボジアなのだ( 1 )

あなたに会いに来ました。

約10年の片思い。
あなたに会いにカンボジアにきました。
「一之瀬泰造さん」
映画「地雷を踏んだらサヨウナラ」であなたをしり、あなたが撮ったカンボジアの人々の写真に
やさしさを感じ、あなたにとっても惹かれました。
そしてあなたが命をかけてまでみたかった、アンコールワットを。
あなたが最後に見た景色をみたくって。
やっと、やっと、カンボジアにきました。
NYばっかりいっていた私。
心が あ!カンボジアにいこう。って動きました。
出発直前におこったタイとの内紛にはとまどいましたけどね。
c0041592_23554419.jpg

泰造のお墓への道しるべ。
とある集落からちょっと歩いたところにお墓はあります。
c0041592_23571633.jpg

まっすぐ続く 白い砂の道。吸い込まれそうな青空。
争いがない今だからこそ言える。素敵な自然にあふれた場所。とても癒される。
c0041592_235928.jpg

木をかる~く止めただけの橋。ぐらぐらです。。
でもこの先には。。。念願の
c0041592_001431.jpg

一之瀬泰造さん。
ここからはアンコールワットは見えないけど、景色は最高です。
しばらく突っ立って見入ってしまいました。
このお墓のある場所はアンコールワット遺跡郡の中にあるので 彼は無事に念願果たしたことになるの。。。かな。。。
c0041592_034027.jpg

ここのお墓にくるともれなく集落の子供たちもついてきます。
むちゃくちゃ元気で、かわいい。
「スオスダーイ(こんにちは)」って声をかけると恥ずかしそうに挨拶してくれます。
でも彼らには とある目的が!!!
私からお菓子をGETすること。
みなさん♪カンボジアにいくときは、飴をぜひもっていってくださいな。
いろいろ役に立ちます。
私は自分用の梅のど飴しかもっておらず。。。。
えへ♪ごめんね♪
と思いつつくばっちゃいました。梅のどあめ。
日本の飴は うげ!!!って思われてたら私のせいでーーーす♪


一之瀬泰造さん。
あなたを知らなければ カンボジアにはこなかったと思います。
とっても暖かな人たちに出会え、初めてかる~く身の危険を感じ。
たくさんの子供たちと本気で遊びました。
またすぐ行きたいです。

写真集の中の笑顔は本物です。
カンボジアは笑顔の国だ!!
[PR]

by kanakanabunta | 2011-03-10 00:13 | カンボジアなのだ